読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

636の備忘録

備忘録 印象深い日々の出来事や、気付き等を記す

映画の感想「The Blind Side 幸せの隠れ場所」

映画・ドラマ

※追記 2/9

このマイケル・オアー、2016年のスーパーボウルパンサーズのLTとして出場。アメリカンドリームをかなえ、今なお世界一流のプレイヤーとして活躍をし続けるマイケル・オアー、カッコ良すぎる。


●あらすじ

実在するマイケル・オアーというNFL選手の高校生活を描いたノンフィクション。

彼の出生は黒人スラム街。母親は薬中だったため引き離され、父親は誰かも分からない。

高校に入学した彼は勉強についていけず、また一緒に住んでいた家族からも迷惑がられ、どこにも居場所が見つけられずにいた。

とうとう家出をした彼にたまたま声をかけたのが、サンドラ・ブロック。彼女はマイケルの身の上を知り、養子として迎え入れることにした。

初めて居場所をみつけ、愛すべき家族を持つことができたマイケルは、アメフト選手の才能が開花し部活のチームで大活躍。勉強も頑張って、最終的にはテネシー大学に合格しアメフト奨学金を勝ち取った。

劇中ではここまでしか描かれていないけれど、後に彼は大学でも活躍しNFLレイブンズに指名され、プロ選手となったのだった。

 

●感想

今までに5回は観たこの映画。何度観ても泣ける。アメフト好きなら間違いなく感動するはず!

 

アメフト好きとして、私のお気に入りな点は、マイケルのポジションが題名でもあるブラインド・サイドであるところ。

※※※アメフトを全く知らない人には意味不明な文章が以下に続きます※※※

ブラインドサイドはOL(=5人でQBの前に並び、プレー開始と同時に突っ込んでくる相手ディフェンスから味方を守る壁になるポジション)の中の1つなのだが、そのOLは普段はスポットが当たりにくく、目立たない。

しかし、全ての攻撃はOLから始まる。QBがパスを投げられるのも、RBがボールを持って走れるのも、WRがパスをキャッチできるのも、全てはOLたちが死ぬ気でブロックしているから。そんな超超超重要なポジションなのだ。

でもナイスプレイが出た時に注目されるのはスキルポジションばかりで、ナイスブロックをしても誉められる機会は少ない。OLが相手ディフェンスを食い止めたからこそQBが落ち着いてパスを投げれたのに、ほとんどの声援は、WRへの「ナイスキャッチ」か、QBへの「ナイスパス」。むしろ相手ディフェンスにロスタックルをかまされたりしたら、OL何やってるんだと非難される辛い役回り

そして、OLは一見ただぶつかっているだけの様に見えるけれど、単純なパワー勝負ではなくて、戦略・技術・チームプレイ等が噛み合わさらないと相手DLに勝てない非常に難しいポジション。

そんな、他のどのポジションよりも、個を殺しチームに捧ぐ姿を見せてくれるOLが大好き。

 

これからも、もっとOLにスポットがあてられる映画やドラマが出てきたらいいなと思う。そしてアメフトがもっと日本で人気になってほしい。