読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

636の備忘録

備忘録 印象深い日々の出来事や、気付き等を記す

本の感想「人工知能は人間を超えるか」

読書

・出会い

最近流行りのディープラーニング、機械学習、AI…

情報系を学んでるにも関わらず、これらのワードを説明するとなると、あやふやな部分が多すぎるので、社会にでる前に理解を深めておこうと思って買った一冊。

Kindle価格が90円くらいのキャンペーン中だった。今見たら400円位になってた。お得。

 

・ざっくりとした流れ

新聞で毎日特集記事があるくらい、AIはアツい言葉の一つとなっている。誰しもがAIという言葉を目にしたことがあるし、なんとなく「ペッパーくん」「ロボット」「人間の脳をコンピューターで表現」等、AIの単語から連想されるイメージを持っていると思う。

何故今になってAIが注目されているのか?AIでどこまでのことが実現できるのか?逆に、今後のAIで実現できると期待されていることって何?あれ、調べてみても結局よく分からないんだけど…

そんな、「AIについて興味が湧いたけど、webの記事や新聞の特集だけでは得られる情報が少なすぎる!」という人にとってオススメな、AIの歴史から現状、今後の課題を分かりやすくすっきり纏めてくれたのがこの一冊。

 

・感想

ざーっと一度読みしただけで、ディープラーニングの仕組みをきちんと理解できていない部分はあるけれど面白かった!

人工知能というと硬く聞こえるけれど、筆者が問いかけたいことは「心はプログラミングできるか?(僕はできると思っている)」ということだと感じた。

帰りの電車の時間が迫っているためまた気が向いたら加筆しよう